前へ
次へ

不要な慶長大判や慶長小判を古銭買取業者に売り渡す

突然ですが皆さんは慶長大判というものを知っていますか。
これは江戸時代の慶長年間に鋳造された大判です。
それと同じようにして慶長小判というものもあります。
これは江戸時代の慶長年間に鋳造された小判です。
どちらもこれらの古銭に含まれている金の純度が高いことで有名です。
江戸時代の末期になってくると、金の純度がどんどん下がってきました。
私たちが慶長大判や慶長小判に投資をするのであれば、古銭投資としては間違いのないところです。
古銭投資をするのであれば、間違いのない慶長大判や慶長小判にしたいものです。
何よりもその美しい輝きは人々の心を和ませてくれます。
これは金の黄金色に人々の心を和ませる働きがあるからではないでしょうか。
また金には人々の心を惑わせるという働きもあります。
テレビの時代劇などをみればよく現れるシーンですが、千両箱におさまった黄金色の小判を目の前にして、薄気味の悪い笑いを浮かべている悪役がたくさんいます。
そういった悪役みたいな人たちにはなりたくないものです。
もしも農家の後で偶然慶長大判や慶長小判が発見されたら、できるだけ早急に小判の専門家に鑑定を依頼しましょう。
それから古銭買取業者に売り渡すのです。
いきなり古銭買取業者に売り渡すというのはやめましょう。
いきなり古銭買取業者に売り渡すことは、リスクが大きいということです。
古銭買取業者が実際よりも低めの見積もりを出してくるケースは枚挙にいとまがありません。
古銭買取業者を選ぶ際には良心的な古銭買取業者を選ぶことがとても大切です。
もう一つの方法としては、 発見された慶長大判や慶長小判を、古銭買取業者に売り渡さないで、末長く自分の家の家宝として保存するという方法もあります。
末永く自分の家の家宝として保存することで、家族の絆が深まること請け合いです。
それでも不要な慶長大判や慶長小判は、できるだけ早急に古銭買取業者に売り朝しましょう。
それで一件落着ということができます。

Page Top